スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

杭打ち!

おはようございます!江藤です。
今日も現場からブログを書いています。



今日は杭打ちの作業の様子をお伝えします。
杭打ちとは、建物を建てる土地に、垂直に穴をあけて杭を埋め込むことです。
地盤を安定させる事で、建物の崩れや沈下を防ぎます。
まずは土地に印をつけます。





次に標準を合わせて…
穴を開けます。



こんなに深い!って写真では伝わらないですよね…(^_^;)
この穴で2m50cm程の深さがあります。

そして、杭を打ちこみます。
あれ、、杭はどこ?
杭といえば、長い柱を埋めていくイメージがありますが、これは砕石を埋めていくHySPEED工法というものを利用しています。

空けた穴に砕石を流し込みながら、約2tもの力をかけて押し込んでいきます。
完成形がこれですね。




砕石ですので、地震の際にも杭が折れる事もなく、土地の液状化も抑制します。
また、天然の砕石を使用するので、土壌汚染や環境破壊を行わないエコ工法なのです。
建て替えを行う場合でも、同程度の家であれば繰り返し使えます。

しっかりと建物を支える土台ですから、強度的にも環境的にも安全な工法ですと、安心出来ますよね^_^

また現場レポートは、進捗あり次第更新いたします!

関連記事
スポンサーサイト
2015年11月21日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する
«« 引渡 | HOME | 遣り方 »»

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。