スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

遣り方




こんにちは、江藤です。
今日も現場からブログを書いています。

これは「遣り方」といって、位置出しをする作業です。
明日の杭打ちに合わせて、建物を建てる場所の印を土地につけていきます。



この覗き込んでいる姿が怪しげですが、
この機械を使って、距離や角度を出しているのです。





機械を支点にセットして、これを0地点とします。
次に測定位置にこの棒を刺して、機械と棒との距離を測るのです。
江藤もお手伝いしました。
手が震える…


そうやって、場所を測ってポイントを作っていきます。
建物の四隅の場所に杭を打ち、
更に1mm単位で調整します。






最後に釘を打ち、四隅に糸を張って完了です!

今は精度の高い機械を使用しておりますが、アナログな方法でも位置は出せるそうです。
レベル出しについても、通常は機械を使うのですが、ホースに水を入れて測る方法もあるそうです。
昔の人は工夫して考えるなぁ~とシミジミ。

土地に書く設計図のような工程ですから、とても慎重に。
ミリ単位が要になる工程です。

明日は杭打ちの作業をお伝えします!

関連記事
スポンサーサイト
2015年11月20日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する
«« 杭打ち! | HOME | 生コン打ち! »»

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。